在宅介護サービス
お知らせ 介護保険制度とは? 居宅介護支援 訪問介護 福祉用具(横浜のみ) 住宅改修(横浜のみ) 自立支援 すいとぴー介護ステーション
ホーム > 在宅介護サービス > 介護保険制度とは?
介護保険制度とは?
寝たきりや認知症などにより介護が必要な人や、家事や身のまわりの事など、日常生活上の支援が必要な人が状況に応じての総合的なサービスを受けられる制度です。
介護保険制度の対象者(被保険者)
第1号被保険者
65歳以上の市民の方全員
介護が必要な状態になったときは、原因を問わず要介護認定を経て介護サービスが利用できます。
第2号被保険者
40歳~64歳までの医療保険加入の市民の方全員
年をとったことによって起こる病気(16種類を国が指定しています)が原因で介護が必要な状態になったときに限って、要介護認定を経て介護サービスが利用できます。
認定までの流れ
1 市町村へ申請
ご本人、家族などの代理、ケアマネージャーなどの代行によって申請を行います。
申請時に必要なもの
介護認定申請書
介護保険の保険証(被保険者証)
医師に意見書を作成してもらう必要があるため、主治医の医療機関名・所在地・電話番号・診療科・医師氏名が確認できるようなメモなどを用意してきてください。
印鑑(本人が自署する場合は押印不要)
2 訪問調査
調査員等による聞き取り調査があります。
調査内容
心身の状態(67項目)
経管栄養等特別な医療(12項目)
特記事項(記述式の調査事項)
3 一次判定(コンピュータ判定) 3 主治医の意見書
4 二次判定(介護認定審査会)
保健・医療・福祉に関する専門家で構成される審査会による二次判定が行われます。
5 通知(介護区分決定)
介護区分が確定し、介護サービスを開始することができます。
この区分によって利用できるサービスの内容や量も決定されます。